スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛Pのブログにて戦記・ノベマスのストーリー作成法に関する記事を読んだので、尻馬に乗って書いちゃうぜ!
べ、別にマシンパワーが上がった嬉しさのあまり、EU3に熱中しないわけじゃないんだからね!///


んで、普段どうやってアイマス・ア・ライブを作っているか、とか。


などと書いてはみましたが、基本的に原作ありで、流れから大きく離れないように作っているのでなんとも。
あんまり参考にならないかな・・・まぁメモ代わりだと思っていただければ。


とりあえず、各時代のシナリオを書き始める前に大前提を作っていました。
設定の根幹にかかわること、中世や最終編まで決して表に出してはいけないことですね。
それ以前の各時代でやってはいけない、シナリオを書く前に気をつけておかないといけないことを。
自然、こういう前提があれば、各時代でところどころ差し込んだほうが良いエピソードも出てきますので。


そして基本的に、各時代を書く前に頭の中で最初と最後だけは先に想定しておきます。
アイドルたちがどういう立場で始まるのか、どういう決着を見るのか、ですね。
これらを決定する一番の要素は完全に原作の流れと、アイドルの個性との折衷かなぁ。
西部編みたいに、アイドルの個性が完全に原作を食っちゃう例もありますけど。


配役さえ決めてしまえば、自然とその時代の流れがギャグになるのかシリアスになるのか決まりますので。
そのあと、その時代ごとに隠しテーマ的なものを想定してシナリオを書き始めます。
そこから先は、間を埋めるようにシナリオ書いてます、さっきの大前提を踏まえることも忘れず。


本当はこういうお話の作り方ってよろしくないと思っているんですけどね。
シナリオを書く、ということが、間を埋める作業、みたいになってしまうので。
実際、最近はシリアス寄りだから書いてて息が詰まるような気分によくなります。
シリアス苦手なんですよ・・・ほんとだよ!


例外的なのは功夫編と現代編です。
功夫編はLALを始める前からシナリオ中のすべてのイベントを想定してました。
最後の瞬間から逆算して、どういうイベントがあればすべてのアイドルが映えるか、ということを。
だもんで、原作に無いシーンとかも追加したりしてました。
おかげさまですごく評価していただいた一方、再生数的には振るわず(´・ω・`)
現代編は対決前後の会話に合わせてストーリーが流れるように作ってました。
なんだか妙に楽しかったのは覚えてます。


書いてる中で、シナリオがシリアスにシフトしたり、ギャグにシフトする場合があります。
これは功夫→西部の流れが顕著だったかな、実際に狙ってギャップを出しました。
動画内で主要キャラの死が扱われる場合は、否応なくシリアスにシフトします。
逆に、生活や動画で余裕があるときはギャグが多めになるかな?


ギャグの差し込みはもう、閃きに頼りっぱなしです。
狙ってギャグを入れることはあまりありません、というかできません。
シナリオ書いてる途中で思いついた端から入れてます。
日常で思いついたギャグを書き留めたりすることも殆どなく、せいぜい頭の隅に留める程度かな。
んでも、書いてるときに思いつくためにはキャッチーなネタを中心に色々と観たり読んだりプレイしたりします。
あー、そう考えると本当に自分はパロネタばかりだなぁ・・・orz


長々と書きましたが、要は・・・

1.大前提(設定・テーマ)を定める
2.最初と最後を決める
3.間を埋める

これだけです、何も考えてなくて申し訳ない。
着地点さえ見えていれば、そこに着地することは容易だと思っていますので。


原作そのまま作るだけならオチが決まっているので、完全オリストより遥かに簡単だとは思うのですが・・・
架空戦記やるならやはり、そこに自分なりの要素を加えたいのが人情。
他所のPは本当にしっかり考えたり分析しながら書いてるのに、感性に頼りっぱなしでお恥ずかしい限りです(´・ω・`)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ストレイボウP

Author:ストレイボウP
『アイマス・ア・ライブ』製作委員会(嘘)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ついったー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク兼ミテマスヨーリスト
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。